2013年 12月14日(土)

仮眠をしていたら吹雪になったところで14日分へ。

そんなわけで時刻はまだ20時。
五日町で夕飯を済ませ、外を見ると雪はだいぶ小康状態。

吹雪ではホワイトアウト確定ながらも、これくらいなら
いけるだろうと判断して再び土樽のトンネル飛び出しへ。

日付も変わる頃、上越国境を越えてきた寝台列車が姿を現す。

2021レ 上越線 土合〜土樽  0:01頃


2021レ 上越線 土合〜土樽  0:01頃

メインのほうがだいぶ降雪の影響を受けたので、連写で稼いだ手前カットも。
もう少し積雪があればラッセルしたと思うと、ちょっとだけ残念。

仮眠する暇も無く、翌日に備えて北上開始。
途中の越後堀之内付近で上りとすれ違うので、軽くスナップ撮影。

2022レ 上越線 越後堀之内〜北堀之内  3:23頃

夜の踏切風景は実はかなり好きだったり。
あとはワンパターンにならないように気をつけるのが今後の課題。

珍しく夜の部から始まった撮影日記。
この時間に小出口にいるのだから、朝から只見線を撮るのはご察しの通り。
でもやっぱり、若松口の魅力は大きかったわけです。

国道252号は冬季閉鎖中なので、ぐるりと馬下経由。

423D 只見線 塔寺〜会津坂本  6:56頃

若松口の積雪具合が絶対に最高だという確信があったからこその行動。
それなりに朝方は眠気との戦いだったのは今だから言える話。

どちらにせよ、この風景が見られたなら頑張った甲斐はあったというもの。
ちょっと急いで撤収し、宮下のダム脇へ。

424D 只見線 会津宮下〜早戸  7:34頃

期待通りの最高の風景が広がっていて感動。

そして今日は幸か不幸か、磐西クリスマストレインの運転日。
予報通り強くなる降雪。これは再び何かが起こりそう。

423D 只見線 会津水沼〜会津中川  7:57頃

時間と共に、どんどん強くなる降雪。
吹雪並の降雪の時に行きたいと思っていた第四正面も無事に回収。

雪の状態を見つつ、とりあえず若松方面へ。

425D 只見線 滝谷〜会津桧原  8:01頃

なんと言ってもここで一旦、雪の具合が収まってくれたことが何よりの幸運。
再び雪が強くなり始めたので、遠景は諦めて近距離戦へ。

1回くらいは望遠圧縮もやってみたかったので駅先へ。

426D 只見線 会津桧原駅  9:21頃

運が良い日というのは本当に何かが連続で起こるもの。
ラッキーなことに乗降客にも出会えたので、ありがたくスナップ。

いつまでも只見にいたい気持ちを抑えて、いよいよ磐西へ。
クリスマスの恒例行事、SLのお出迎え。

8226レ 磐越西線 三川〜津川  11:12頃

大雪の中で黒煙を吐くC57。
欲を言えば雪を飛ばしてきてほしかったものの、そこは贅沢禁止。

道路の状況も状況だったので、安全第一で一気に群岡へ。
結果から言うと少し損をしたものの、特に気にせず待機。

結局、倒木に続く倒木で大幅な遅れを持って登場。

8226レ 磐越西線 徳沢〜上野尻  12:58頃

降雪がひどくホワイトアウト気味だったので、ラッセルに期待して流し撮り。

この先はいつもの追っかけパターンで行こうと思った矢先、
更なる倒木で運転続行が不可能になり野沢で長時間停車。

少しの望みにかけて荻野へ移動し、友人に見張ってもらいながらしばし仮眠。
結局、列車は運転打ち切りが決定したようなのでここで帰宅。

なかなかにボリュームのある二日間だったとさ。