2013年 1月31日(木)

本日は特雪運転とのことで、前日夜より長野入り。
例年とはスジが変わったので、二本木駅で観察してから関山へ。


側面にもしっかりと光が当たる時間帯になったのは嬉しいこと。

撮ったら即撤収で本日のメインへ。



朝の光線も相まり、投雪に明暗がついて美しさも倍増。
往路は作業も少なく、相手も速かったのでこれにて終了。

復路は送水管で1発…と思ったら投雪方向が予想と逆で敗北。
お次は定番アウトカーブの逆アン。




想像以上の逆光で何だかよくわからない感じ。
手持ち撮影を終えて、1番撤収で1km先へ。




俯瞰で仕留められなかったのは仕方なし。次回があれば…の目標ですな。
お次は復路で唯一と言っても光線がいい投雪場所へ。




雪山もアングルに入ってなかなかのお気に入り。
側方投雪型ということよりもブタ鼻なことに目が言ってしまう程度の鉄暦。

ラストは林バックで。




雪の量的に飛ばしてくれるか不安だったものの、
切り位置の1スパン前から作業をしてくれて感激。
雪の量こそ少なめだったものの、終始快晴で撮影できて大満足。

提出期限が17時までの重要書類を出しに、大急ぎで帰京。



塩カルまみれの汚い車が大学真横に駐車されていることを誰にも発見されなかったのは、
何よりもこの日が幸運だったことの一番の証である。