2012年 9月26日(水)

本日ははざかけ風景との組み合わせを捕獲すべく只見線へ。

いつも通り前日夜に自宅を出発し、夜明け前に川口に到着。
明るくなるとともに、川の水位低下に伴うロケーション変化と
メインのはざかけ配置を確認すべく沿線ロケハン。

一通り確認したい場所を見てから始発列車より撮影開始。
しかしながら朝は霧も出ないただの曇天だったので非掲載。
そして始発列車撮影直後から意図的に仮眠。

8時の列車は曇っていたのでガン無視して再び二度寝体制。
9時になって晴れては来たものの、快晴ではない晴れ空だったので第一へ。

426D 只見線 会津桧原〜会津西方  9:21頃

深緑のお手軽第一を撮って朝の列車は妥協。

メインのはざかけポイントの草刈りを盛大に行い、昼の列車は俯瞰場所へ。

428D 只見線 早戸〜会津水沼  12:48頃

こちらは川が汚いので、完全に川カットの構図で望遠撮影。

そしていよいよ大本命のはざかけアングル。

手前はざかけ、奥稲穂という素晴らしい環境!

427D 只見線 会津水沼〜会津中川  14:58頃

今回のメインがバッチリ撮れて大満足。
久々に通過10分程前から緊張で心臓が鳴り響く程の撮影となったとさ。

川口折り返しは少し横から広角気味で後追い撮影。

430D 只見線 会津水沼〜会津中川  15:35頃

秋空を無理にいれようとしたら少し中途半端な感じに。

先ほどの撮影が最高すぎたのでとにかく大満足。

追っかけで本日二つ目の目的である根岸の俯瞰へ。

430D 只見線 会津高田〜根岸  16:52頃

1枚目は遠景まで入れた広めの構図で。

ちょうど稲刈りの準備が始まった頃で時期的にもギリギリセーフ。
それよりも山影的に奇跡的なまでにギリギリだったのはここだけの話。

430D 只見線 会津高田〜根岸  16:54頃

SLでおなじみの真横位置は田んぼのみで。
超大満足の撮影を終えて、最高のテンションで帰宅。